2016年01月09日

光回線の転用とは 光コラボレーション


光ファイバーによる固定回線は
ほぼ飽和状態にあり、他のサービスと抱き合わせて
割引を行うことで、パイの奪い合いが激化しています。

その「他のサービス」というのは
ケータイ電話がターゲット。
ドコモ・au・ソフトバンクがそれぞれ
ドコモ光」「auひかり」「ソフトバンク光」などと
銘打って、固定回線とセットなら、ケータイ料金を
割り引きますよってことですね。

前置きが長くなりましたが、NTT東日本、西日本から
ドコモ光などに切替えることを「転用」といいます。
既にフレッツを利用されている方(フレッツ光ネクスト)なら
物理的な工事は不要で、契約だけ切り替えるだけで済むことが
多いようです(色々ケースがあるのでご注意を!)

料金を削減されたい方は、一度ご検討を。











ネットワークエンジニア(初級).net
 
 


posted by 管理人 at 20:38| Comment(0) | キャリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


 ■ MVNOネタ ■  ■ 宇宙・科学ネタ ■  ■ iPhoneネタ ■

■ 過去記事 ■  ■ MVNO関連サイトまとめ ■